中古パソコンのメリットとデメリット
Content is comming here as you probably can see.Content is comming here as you probably can see.

レポート作成のカラー編 - 初心者アフィリエイターめだかの学校養成所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたにネットビジネスで理想の収入を得る方法を極秘に教えます。
メールアドレスをご入力下さい(必須)
     お名前をご入力下さい(必須)

レポート作成のカラー編

色のもつ不思議


レポート作成で
白の用紙で
文字が黒一色のみのという
場合が見うけられます。


本屋さんでは
白い用紙で文字が黒一色の
ビジネス書などが
よくあります。

これは印刷にかかるコストを
抑えているにすぎません。
ごく一部に
大人な雰囲気を出している物も
あります。

しかし、
電子書籍と呼ばれる書籍は
印刷せずにパソコンやタブレットで見る
事が出来るので
カラフルなレポートが作成できます。

カラーの話をすると
「トーンが明るい」「暗いトーンだね」などという
ことを言う場合があります。
この「トーン」という言葉は
たまに耳にすると思いますが「トーン」とは
いったいなんでしょうか?

明るい、暗い、淡い、濃い等
色の調子を表す言葉です。
色相(赤みがかかった色、青みがかった色)が
異なっていても
トーンを同じにすれば、同じ印象を与えることが
できます。

「セピアトーン」を思い浮かべてもらえれば
あなたは直ぐに分かってもらえると思います。


色を統一すれば
大人っぽい印象を与えることができます。

名称未設定 1
2枚の写真を比べれば
その印象が違ってみえるでしょ

このトーンを統一することで
レポートに与える印象も変わってきます。
CDのアルバムやレコードでジャケット買いをしたこと
ありますか?
表紙の色遣いがよかったりセンスがいいだけで
手にとって買ってもらえる事があります。

レポートは表紙からすでに手に取ってもらえるか
わかります。
どんな色をもっていけばいいのかが
良くわからないですよね。
それは次回でお話しします。

今回はトーンのお話でしたが
センスの良いレポートは色の使い方も良いです。
次回もお楽しみにしてくださいね^-^





あなたにネットビジネスで理想の収入を得る方法を極秘に教えます。
メールアドレスをご入力下さい(必須)
     お名前をご入力下さい(必須)
ここは記事下のフリースペースです
コメント








非公開コメント

天使が連絡してくれました。


誰かに話をしたくなりました。
どんなにがんばっても仕事がみつからなくて辛かったんです。
こんなものがこの世にあるなんて衝撃的でした。
ただでお金をもらえてしまって…本当にいい人に出会ってしまいました。
すぐにお金持ちになれます。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
連絡してくれた人だけに、誰も知らないすごいことを教えます。

2014-08-07 05:20 | from iwakiri | Edit

お釈迦様が連絡してくれました。


少しだけでもいいので、時間をください。
母子家庭で8歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
そんなとき、ある掲示板を知ってしまったんです。
一生使い切れないほどの大金を手に入れてしまったんです。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本気で知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
驚愕の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

2014-08-09 07:10 | from 若原 | Edit

トラックバック

http://rosythewhole.blog.fc2.com/tb.php/304-f378b38e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。