中古パソコンのメリットとデメリット
Content is comming here as you probably can see.Content is comming here as you probably can see.

レポート作成時に必要なビジュアル化 - 初心者アフィリエイターめだかの学校養成所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたにネットビジネスで理想の収入を得る方法を極秘に教えます。
メールアドレスをご入力下さい(必須)
     お名前をご入力下さい(必須)

レポート作成時に必要なビジュアル化

レポートをビジュアル化する!

ビジュアルという言葉を連想すると
V(ビジュアル)系をよぎっちゃいますね。
V系は男性がメイクをして
音楽活動をするアレですが

V系は女性に爆発的人気があります。
何故だかかわりますか?

例えば
地味な音楽グループと
きらびやかな音楽グループなら
どちらが印象に残るでしょうか?
もちろん後者ですね。

女性ならばビジュアルがいいのを
選びますよね。




レポートでも
ちょっとした工夫で見る物を
ひき付けることができます。


レポートのビジュアルの構成要素というのがあります。
カラーリングであったり、イラストであったり
表、グラフ、チャート

文字だけで人を見せるというのは
相当な技量が必要です。
文字でご飯を食べていける人のレベルには
到底追いつけませんが
ビジュアルの構成要素を使う事で

見間違えるほどレポートが良くなっていきます。
ここで注意してほしいのは
ただ載せるだけでは
相手に伝わりません。

相手に伝わるビジュアル要素こそ
強い武器になります。

下の表は
ユニセフからの転載で
子どもの幸福度に関する総合順位表です。

表例1


日本の順位をしめしていますが
一見表を見ただけでは解りませんね。
ちょっと探さないといけない状態です。


次にこの表を解りやすく加工します。
表例2

日本の表の部分を黄色く塗りつぶして
赤い枠線で全体を囲んでいま。
日本の行だけ色が変わっているので
一目でわかるようになっていますね。

それと幸福度調査で
第3分野と第4分野が日本が1位ということも
解るようになっています。

注目させたい部分に
黄色又は赤の色を入れると
人はその黄色、赤色のほうに注意がいきます。

注意の看板が黄色を使ったり
赤色にするのは人間がその看板を
見てしまうからなのです。

表で色を使いすぎると
逆に見にくくなるので
ここぞという注目させたいときに
色を使うのがベストです。

今回は表に関する事でしたけど
次回は色についてお話ししますね^-^




あなたにネットビジネスで理想の収入を得る方法を極秘に教えます。
メールアドレスをご入力下さい(必須)
     お名前をご入力下さい(必須)
ここは記事下のフリースペースです
コメント








非公開コメント

トラックバック

http://rosythewhole.blog.fc2.com/tb.php/303-7a46ea14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。