中古パソコンのメリットとデメリット
Content is comming here as you probably can see.Content is comming here as you probably can see.

あなたの強み、弱み、機会、脅威 - 初心者アフィリエイターめだかの学校養成所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたにネットビジネスで理想の収入を得る方法を極秘に教えます。
メールアドレスをご入力下さい(必須)
     お名前をご入力下さい(必須)

あなたの強み、弱み、機会、脅威

がむしゃらに頑張っても
何のためにやっているのか
目的無く頑張っていると

成長はおろか続けていくことさえも
難しくなってくるのが
多くの人が感じるところです。


企業も同じでちゃんとした
戦略がなければ企業の継続さえも
難しくなっていきます。


適切な戦略をたてるために
企業は分析をします。

分析っていえば
難しいような事を考えてしまいますが
誰でも出来る簡単な方法です。


企業は自社内部の強み、弱み
外部環境の機会、脅威の
4つにわけて それぞれを記入していきます。
この方法をSWOT分析といいます。


SWOT分析


頭の中で考えてればいいやと思うのと
文字にして書く事では
成功の度合いが違っていきます。

頭の中で考えてしまうと
違う方向にいってしまったり
見当違いな事をしていたり
ブレる事が多くなります。

このSWOT分析は戦略的に有効なツールで
企業や個人の目標の明確な場合は特に有効です。

●強み Strengths
  組織(個人)の強み

●弱み Weaknesses
  組織(個人)の弱み
 
●機会 Opportunities
  外部からのチャンス

●脅威 Threats
  外部からの障害


これを表にします。
swot分析1
マトリクス表にすると想像がつきますね。

この4つのマス目に記入していきます。
記入するのは自分に照らし合わせて
内部要因と外部要因にわけます。

SWOT項目の例をあげます。

内部要因=強み・弱み
●マネジメント(管理力)
●人材
●資金
●商品
●情報
●価格
●インフラ

外部要因=機会・脅威
●法規制
●市場ニーズ(トレンド)
●技術進化(HTML5など)
●川上業界
●川下業界
●政治


これらの項目を
例としてSWOT分析をしてみると
下図のようになります。
swot分析2
こうして書いてみると
自分で何とかしてコントロールが出来る
内部要因と
自分ではなんともならない
外部要因にわかれているので
外部要因から内部要因へどう展開すれば
今後自分が伸びていくかわかります。

今回使用した
EXCEL2007以降で使えるテンプレートです。
ダウンロードできます。





あなたにネットビジネスで理想の収入を得る方法を極秘に教えます。
メールアドレスをご入力下さい(必須)
     お名前をご入力下さい(必須)
ここは記事下のフリースペースです
コメント








非公開コメント

トラックバック

http://rosythewhole.blog.fc2.com/tb.php/286-b40b0af8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。