中古パソコンのメリットとデメリット
Content is comming here as you probably can see.Content is comming here as you probably can see.

成功のステップ 改善すること - 初心者アフィリエイターめだかの学校養成所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたにネットビジネスで理想の収入を得る方法を極秘に教えます。
メールアドレスをご入力下さい(必須)
     お名前をご入力下さい(必須)

成功のステップ 改善すること

天才発明家のエジソンの名言、
「失敗は成功の母。」
あなたも一度は聞いたことがある
有名な名言です。

彼の有名な発明は
色々ありますが
一番有名なのは電球です。

この電球が無かったら夜はきっと、
ロウソクやアルコールランプを使っていた
事でしょう。
denkyu0.png

電球を発明したエジソン
実はこの発明に1000回以上失敗したらしいです。
失敗した数を数えているのも凄いですが
1000回を超える失敗をしても
尚もチャレンジするエジソン。
あなたも同じように1000回も続ける自信ありますか?

この失敗は後に、
記者が
「1000回失敗したという気持ちはどういうものですか」
と尋ねられ、
「1000回の失敗をしたわけではない、
1000のステップを経て電球が発明されたのだ」
と答えたのです。


この根性へそ曲がりなところが
エジソンらしいですね。

あなたはこのエジソンの
改善する力どう思いますか?


改善をする。



失敗、失敗と思い続けたら
気分もなえてきますし、
次も失敗するだろうなっていう
場の流れになってきます。

まず、自分の思い通りの
成功じゃなかったら
何故「成功しなかったのか」を
考え直します。

やり方が悪いのか?
人の知識不足なのか?
物が悪かったのか?

失敗を分析することで
失敗のメカニズム明確になり、
同じ失敗は起こる事が無くなります。

分析せずに
何も考えないで行動することは
無駄に時間を使っているのと同じです。
成功へ結びつくのも難しいのです。

失敗の過程から
学べることが多くあり、それを
生かすことで
次への改善が見えてきます。


白熱電球の発明。


エジソンの発明の一つ 白熱電球。
当初完成したのは明かりがともって
45時間で寿命が無くなるというものでした。

この電球を毎日5時間使っていると9日で
寿命がくるってことやね。
そう考えると今の暮らしって本当に
素晴らしいものですね。^-^

この現代のように、長時間化を実現するのには
寿命改善をしないといけません。
長寿命にするにはフィラメントを改良する
事が最重要でした。

フィラメントの材料は
木綿糸を使われていましたが、木綿糸以外の
材料も使用したりで
6000種類という途方もない材料を使用して
実験を繰り返していました。6000種類って
すごい数ですよね。

偶然竹の扇子をみつけたのがきっかけで
その竹をフィラメントにして実験をすると
寿命が45時間⇒200時間 向上したのです。
denkyu3.png

普通の人なら
これでOKだと成功に乾杯しますが
へんこなエジソンです。
他の竹を竹採りハンターにたのみ
世界の竹を集めさせるように命令させました。
その数1200種類

ここまで改善に命を注ぐのも
恐ろしいですが
ここであなたもご存じの通り
日本の竹に出会いました。

日本の竹がこれまでにない良い成果がえられた
ということです。
200時間⇒2450時間
という10倍以上の長寿命化に成功したのです。

改善して成功してもそれに
甘んじることなく更に改善を行っていく
姿はまさに
成功へのステップではないでしょうか。



あなたにネットビジネスで理想の収入を得る方法を極秘に教えます。
メールアドレスをご入力下さい(必須)
     お名前をご入力下さい(必須)
ここは記事下のフリースペースです
コメント








非公開コメント

トラックバック

http://rosythewhole.blog.fc2.com/tb.php/282-33eda9dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。